畳のQ&A

タタミには、豊富な栄養素があり、カビが増殖する好条件を備えているので増殖しやすいので、注意が必要です。また色々なトラブル対処法をご紹介します。

1.湿気を避ける
風通しを良くするなどして湿度を70%以下にすることで、カビの生育を抑えることが可能です。湿度が50%以下になるとほとんどカビは発生しません。
2.高温にさらす
50度以上の加熱で一般的なカビは死滅します。温度を高くすればするほど処理時間は短くて済みます。日光に当てるのも効果的です。
3.手入れをしっかりと
から拭きでの掃除や換気をしっかりと行い、カビの早期除去とカビが生育しにくい環境を作りだすことにより、カビの繁殖を防ぎます。

少しだけのへこみならば、へこんだ箇所に霧吹きで水をかけ、濡れタオルえお敷いたあとアイロンをかけると、へこみが解消されます。

Category: 畳の手入れ

粉末洗剤、塩、小麦粉、クレンザーなどをかけて、十分に吸収させてから掃除機で吸い取り、硬く絞った布で何度も拭きます。

Category: 畳の手入れ

小麦粉やベビーパウダーなど、吸水力の高い粉末をふりかけ、醤油を吸い取らせてから掃除機で処理すると効率が良くなります。

Category: 畳の手入れ

クリームクレンザーをごく少量乾いた布につけて、丁寧にこすります。
畳の目に沿って拭くことを心掛けると傷が付きません。

Category: 畳の手入れ

マニキュアの徐光液を使って拭き取ると効果的です。
こすってしまうと畳に傷が付いてしまうので、柔らかく拭き取ります。

Category: 畳の手入れ

小さな焼け焦げであれば、セロテープを貼って穴をふさいだり、ロウを垂らすなどして穴が広がらないように補強します。

牛乳で拭き取ると効果的です。
拭き取ったあとは、消毒用アルコールを布に染み込ませ、牛乳が残らないようにしっかりと拭きます。

Category: 畳の手入れ

いきなり雑巾で拭かずに、たたみの目に沿ってブラッシングしたあと、消毒用アルコールを布に染み込ませて拭きとります。

Load More